レース下見

ことしの目標はハーフ完走でして、ちょうどよいタイミングの2月末にレースがあったのですが、上海で飲んだくれてる間に締め切りが来てしまいました(T_T)

ですが、フリーランス仲間がそのレースにエントリーしてて、下見に行くのでどうですか?と誘ってくれました。二つ返事でOKし、一緒に向かった先は、呉市の少し先を南下、とびしま海道と呼ばれる島伝いの道を進んだ上蒲刈島。

夏場は海水浴場として大いに賑わうようで、大きな駐車場。しかし今日は真冬、ほとんど誰も見かけません。さて、コースを走破しては当日のお楽しみがなくなるので、後半戦に行く島へ渡る橋を通り、また引き返すルートに決めランニング開始。


この橋を渡ってきました。ランニングはあまりいませんでしたが、サイクリングを楽しむ人はたくさんいました。「コンチハー」と声を掛けあい、今日はいい天気で日和ですね~とお互いに励ましながら交差します。

さて走り終えた後はおなかも空いたので昼食といきたいところですが、ここはやっぱりサッパリと風呂に。ですが海水浴場に併設の温泉は運悪く改装工事中。。。トホホと思っていたら食事&温泉の看板発見!ということで、車で移動し、お風呂へ。

二階にお風呂のある食事処。お風呂に行ってみるとお湯ははっているようだけど人の気配がしない。下に降りて聞いてみると入ってよいとのことだったので300円を払い入浴!

こんな時期だから貸切。写真も撮れました(^_^)奥の入口はサウナです。
湯船につかると手足の末端がしびれるような感覚とともに、体の芯からジワリと温まる感覚が心地よいです。サッパリしたあとはせっかくですから下の食事所で昼食。

刺身定食。お魚もさることながら、貝の刺身も歯ごたえがあってゴハンも進みます。

ついでにフリーランス仲間ということでこれからのことや、あたためているアイディアなどを出し合い、大いに盛り上がってしまいました。気が付けばランチタイムはとうに過ぎ、店内にはほぼ我々だけとなってしまいました。

帰りにはお土産やに寄って、蒲刈産の藻塩を買って帰りました。折りしも父親が島から大量のアジとヤズ(ハマチの子供?)などを持ち帰っていましたので藻塩でおいしくいただきました。

レースは26日にあるようです。友人達の検討を祈りたいと思います。来年は私も準備して完走できれば良いなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする