今月の上海(大人の休日?)

豫園で思わぬ時間をくったのですが、ほどよく夕暮れ時にワイタンへと到着しました。川べりに欧風の建物が立ち並ぶ様は中国であることを忘れさせてくれます。

ほらね?反対側も。

次の目的地までは時間がありましたので、カフェで一休みし、なぞの男を呼び寄せるきっかけとなった豫園の紙袋をカバンに収め、外に出るとすっかり日も落ちていました。川岸はウッドデッキになっていたので上がってみると大勢の人が夜景を楽しんでいました。対岸は昨日体調が最悪でつらい思い出しか残っていない場所が見えます(^_^;)

さて最後の目的地はフェアーモントホテルのジャズバーです。最高齢80歳!というおじいちゃんバンドが熱のこもった演奏を聞かせてくれます。

楽器があれば混ぜて欲しくなりました。ウイスキーグラスを傾け、昨日見た求婚掲示板に書かれた言葉の意味をバーテンさんに聞いたりして、贅沢なひと時を堪能しました。おじいちゃんバンドもラストナンバーでは打楽器に持ち替えスタンドプレーです。

夜も更けてきました。心地よい酔いのなか、この週末のできごとを反芻しながら、ま、結果オーライということで幸せな気分になれた私は、バーテンにさよならを言ってバーを後にしました。翌日からまた元気に上海の開発部隊とお仕事できそうです。

最後はおまけではありませんが写真が何枚か残っているのでまとめてご紹介します。

まずはこれ、地下鉄で座り込む若者。チョット前にどこかでみましたね。

会社敷地内に遊びに来るワンコ。後ろの壁にしっかりマーキングしてご満悦。

会社の仲間、陳さん推薦の蘭州ラーメン。普通の麺か刀削麺か選べたので刀削麺でいただきました。7元(90円)。蘭州とは新疆ウイグルあたりのようです。

会社の人たちが帰った後、こっそり見た日本語のテキストの例文。要約すると、田中さんは夜更かしして遅刻して課長が大目に見てくれたのにコーヒーとタバコで時間を無駄にし、キレた課長がレポートを書けといったのに残業してなお終わらずにトンズラした、ということらしいです。そういう日もありますよね?田中さんファイト!

トイレの窓から。信号が赤と青両方点いてます。どうしろというのでしょう???

今回は足で回っていろいろ身近な上海を感じることができました。知れば知るほど奥が深いですね。それでもまだ広大な国土の沿岸の一都市にいたに過ぎないのですから。次はまたどんな出会いがあるでしょうか?広島に山積になった仕事のことはしばし忘れ、いろいろな偶然が重なってこの機会が与えられたことに感謝するのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする