ちょっとソコ(上海)まで!(その1)

今回のお客さんは本社が東京なのですが、情報システム部門が別の子会社として横浜にあります。そこにテスト環境ができあがって程なくのある日のこと、関係者に「ワーストSQL」なるリストがメールされてきました。処理に時間がかかったSQL(ざっくり言うとデータベースへのデータ取得問合せのこと)の上位200のランキング表だったのですが、輝ける第1位は600秒とのこと。

まだ1行も書いてないプログラムもあり、データベースの変更が毎週500項目以上ある最中、チューニングなど始めるはずもなく、またサーバーの物理設計も検討中、ウラでは移行チームが大量データの更新をやってたので、くれるならもらっとこうか、てなくらいに思ってましたが、どっこい東京の事情は違ってました。

「ワースト」「ランキング」「600秒」など刺激的なキーワードに上層部が飛びついたわけです。ハードウェアチーム、現地テストチーム、PMチーム、あらゆる経路で私のところに問合せがきました。「どうなってるの?」「ちょっと説明してほしい」etc. ですがそのワーストSQLリスト、SQL1回あたりの時間ではなく実行回数を掛け算したトータルの処理時間順で、しかもプログラム以外の、ツールで問い合わせたSQL、データベース自身が実行したSQLなど全が対象だったのです。

リストに対する見解と改善策のレポート、それからスケジュール、体制、タスクリストの3点セット、あとは最終的な見込みを提出しろなど、開発側のPMさんが責め立てられたようで、急いで資料を作って日帰りで説明に行き(私が対面して説明している間はおとなしくしてましたが、後で聞いたところ、リストをバラ撒いた張本人は机を叩かんばかりに側にいる開発側メンバーに当り散らしたそうです(^_^;))その場はとりあえず納めたのでした。

まあ、いつやろうか迷ってましたから良いきっかけだと自分のタスクリストにチューニングも加え、上海にお手伝い頼もうかとなったわけです。見た瞬間に「そらーこんなSQL書いたら時間かかるわー」みたいなのもありましたし(^_^;)

スケジュールは急いでつくりましたから、リソースは深く考えず、見栄えのよい、網羅性があり、かつプロジェクト全体スケジュールとリンクする、いかにも上層部が好きそうなものができあがりました。誰がやるの?さて・・・ってところです。

あとは上海に話を通して手はずは整うと思い、毎日あるTV会議で話をすると、向こうは3ヶ月行かない間に大忙しのようで、難色を示しました。SQLというのはプログラムの一部ですから、本来上海で品質を担保する領域です。リストの中には明らかなミスが多すぎました(専門的な話だと、カウントを取るのにソートをかけていたり、暗黙の型変換、数値に対してトリムなど・・・)たとえるならゴルフでティーショットを打つ時にパターを渡すキャディーさんみたいなもんです(???)

性能要件(〇〇秒で画面に出るみたいな条件)は業務要件と同じだという説明もピンと来ない様子で、不具合対応で忙しいなどと埒があかないので、会議の後広島のマネージャーさんに言いました。

私「来週、上海行ってきますわ。」
マ「そうなん?飛行機取りにくいから曜日決まったら教えてネ」
私「はいーー」

相変わらず話のわかる人で心強いです。ですが東京、横浜、上海、広島と全ての場所でデータベースに関する動向を把握するには広島にいるのが一番よいので1泊2日が限度です。実作業には入らず指示だけ出す、実質1日しか時間がとれない出張ではそう決めないと成果が出ません。

月曜から行くことにしましたので、土日は準備作業ですが、久しぶりなので仕事に関係ないミッションを自ら課すことにしました(?)。一つは「男梅」を大量に配って元気出してもらう大作戦。もう一つはとてもキュートな宿泊先ホテルの女の子の名前を聞いて写真を撮る大作戦、最後に、とあるTV会議でこっぴどく責めたら会議室を飛び出してしまったリーダー(♀)のゴキゲン回復大作戦(^_^;)です。

まずは「男梅」。今や2フロア、100人以上にふくれあがったメンバーには10袋は用意しないといけません。会社近くのコンビに行くと、どっこい売り切れ。店員さんに入荷をお願いしても土日に間に合わないとつれない返事。日曜日に同じく出社していたお向かいの席のUさんが、近所のお店から仕入れてくれましたが、まだ足りず、最後の望みをかけて自宅近くのスーパーに閉店間際に駆け込んでみると大量にありました!!まとめて8袋をレジに持っていくと、レジのオバチャンが「どしたん?そんなおいしいん?」と思わず聞いてきます。「ああ、中国にもってこう思っとってね」と答えると不思議そうな顔をしてお釣りを渡してくれました。オバチャン、深い意味はないんだよ!ということでめでたく男梅をゲット。

 

次にゴキゲン回復。リーダーには英語の英才教育真っ只中のお子さんがいたことを思い出し、日本のアニメDVD(英語版があるやつ)をあげようと思いました。日本のアニメはワールドワイド!もののけ姫は中国語も含め8ヶ国語が収録されてましたので買うことにしました。中身を空けて親戚からもらったと装うことにしました。用意周到です。

さて、いろんな仕掛けを用意し、人生こうでなくちゃと勝手にドキドキしながら、ちょっとその辺まで出かけるようなポロシャツスタイルにバッグをタスキ掛け、プラリと上海へ向かったのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする