グリットプログラミング2018(基本コースB)授業レポート~第1回~

■授業の内容
第一回目はプログラム開発画面の操作方法からです。
スプライト、スクリプト、コスチューム???慣れないカタカナの連続に戸惑いながらも、
興味津々で触っているうちに仕組みが分かってきた様子。
さっそく「動き」に関係するスクリプトを組み上げながら、スプライト(キャラクター)が
動くのを実際に確認して、いよいよ課題に挑戦!
画面をジグザグに動かすには?「向き」「繰り返し」「進む」などのスクリプトを
駆使して、行き過ぎて画面の端に消えてしまったスプライトを戻したりして
どうにか課題をクリアしていきます。

■各クラスの様子
【月B①:矢野東クラス】
4年生の男の子2人でした。お母さまにも同席いただき、サポートいただきました。
Wくんは課題では画面の端ちょうどになるように繰り返しの回数を微調整し、こだわりを見せてくれました。
セリフを言うスクリプトを見つけたようで、しゃべりながら進む工夫をしてくれました!
Kくんはコツをつかんだようで、テンポよく積み上げて左下のゴールまで一気に進めることができました。
下の動きが瞬間移動になってない?質問をすると、たくさんコピーした「待つ」の
スクリプトの秒数を何度も訂正し、イメージに近くなるよう辛抱強く取り組みました!

【火B②:祇園北クラス】
6年生のYさんは説明をじっくりと聞き、じっくりと理解しながら作業を進めました。
スクリプトの組み方も丁寧で、予想と違う動きになったときも冷静に対応していました。
パソコンやマウスの操作は不慣れで苦戦していましたが、授業でコツを掴めばこれからどんどん上達します!

【金B①:東原クラス】
双子の兄弟のS君2人のクラスです。
気付いた点や分かった点を兄弟でお互いに教え合いながら課題を進めていくのは、さすが双子!というところでしょうか。
初回なので慣れずに難しい点も多かったようですが、これからもチームワークが期待できるクラスです。

【土B②:山本クラス】
男の子2人のクラスです。
5年生のM君はスクラッチ経験者で、今日の内容は基本的な動きのおさらいでした。
課題も効率的に作り、背景を変えてループするなどのアレンジを加えて完成しました。
本人としてはもう少し細かいところも仕上げたかったようですが、授業の時間内にここまでできたのは上出来だと思います。
4年生のS君はパソコン操作やマウス操作になれていないものの、
気になったところを積極的に試して、課題を進めていきました。
M君からの助言もあり、ジグザグの課題を完成させました。

■今回の作品

【月B①:矢野東クラス】

【火B②:祇園北クラス】

【金B①:東原クラス】

【土B②:山本クラス】

トップページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする