グリットプログラミング2018(基本コースB)授業レポート~第2回~

■授業内容
第二回目はプログラミングでは外すことのできないX座標とY座標について学びます。
同時に、決められた座標に移動させるスクリプトと、変化量を指定するスクリプトの
違いについても学びます。似ているので違いを理解するのに苦労しますが、大事な考え方です。
課題では、4つのスプライトを用意して、それぞれ違った動きをさせます。
学んだことを理解していないと作り分けることができないようになっています。
また、実現させる方法は1つではなく、どのように作ってもOK。
答えが一つではないのもプログラミングの醍醐味です。

■各クラスの様子
【月B①:矢野東クラス】
 W君は少し早く来たので前回の復讐をして知識固めを行いました。
 S君と二人でX、Y座標やプラス、マイナスを入れた時の動きを理解し、
 課題にとりくみました。二人それぞれ別の方法で作ってくれました。
 W君は時間と座標を指定するスクリプト、S君は繰り返しと座標の変化を
 組み合わせてくれました。二人とも独自の世界観を持って作ってくれましたが、
 次回以降のアニメ作成でもオリジナリティを発揮してほしいです!

【火B②:祇園北クラス】
 Yさんは最初X、Y座標やプラス、マイナスの扱いに苦労していましたが
 課題に入って1つ1つの動きをじっくり確認しながら進めていきました。
 慎重に進めていくタイプなので手戻りは少なく着実に組み立てていきました。
 第1回と第2回は基本的な動きをじっくり勉強しましたが次回はオリジナル要素を加えていくので
 独自のアイデアを積極的に出していきましょう!

【金B①:東原クラス】
 2人とも2回目ということもあって、スクラッチの操作にだんだん慣れてきたようです。
 K君は課題で犬と猫が追いかけっこをする動きを思いつきました。
 R君は難しい動きもじっくりと考えて課題を進めていました。
 2人とも特色のある良い作品ができました。

【土B②:山本クラス】
5年生のM君は今回習う範囲も熟知していて課題ではアレンジを加えた作品を完成させました。
細かいところでは思うようにいかない様子でしたが、短時間でここまで仕上げたのは実力の現れだと思います。
5年生のS君はスクラッチにまだまだ慣れていなくて苦戦しました。
回を重ねる中で慣れてくれば理解もだんだん早くなると思います。
今日は課題の中の一番基本的なところを完成させることができました。

■各クラスの作品
【月B①:矢野東クラス】

【火B②:祇園北クラス】

【金B①:東原クラス】

【土B②:山本クラス】

トップページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする