グリットプログラミング2018(基本コースB)授業レポート~第3回~

■授業内容
第三回目では見た目に関するスクリプトを学びます。
大きさやモザイクなどの視覚効果は、見栄えをよくするために使います。
そしていよいよアニメ作成に挑戦しますが、最初は途中まで作ってあるアニメの
最後のオチを考えてもらいます。
ストーリーをまずは文章で作成し、次にそのストーリーをスクリプトをどう使って表現するか考えます。
もちろんオチには正解はありません。習ったことを使い、思った通りにアニメを作る
面白さを体験してもらいたいです

■各クラスの様子
【月B①:矢野東クラス】
4年生のS君とW君の仲良しコンビ。お互いに助け合いながら進めています。
S君は時間をかけてアニメの計画を練り上げていきました。
頭の中で筋道を立てる作業に興味が持てたようです。
W君はシンプルなストーリでコンパクトにまとめ、作成に取り掛かりました。
手を動かしながら試行錯誤する方式をとりました。
途中までで時間が来たので次回に続きを行います。

【火B②:祇園北クラス】
Yさんはスクラッチの使い方や授業の進め方にだんだん慣れてきた様子でした。
乱数の考え方は少し難しかったですが、
動きに関するスクリプトは見た目にも分かりやすいので理解できた様子でした。
課題では楽しくて分かりやすい内容の計画を作成しました。
次回は作成に取り掛かります。

【金B①:東原クラス】
今回の課題のアイデアは2人ともすぐに思いつきました。
あらすじを書くのは早くできましたが、それを実現するのに具体的に
どのような順番でどのように動かすのかを考えるのに苦労している様子でした。
授業の後半で作り始めた部分もあり、感触として掴めたところもあったようです。
次回はスクリプトの構成手順を改めて考えて完成を目指します。

【土B②:山本クラス】
5年生のS君はテキストに出てきた見た目のスクリプトの興味が強く
今回はその内容の実践と前回の復習を重点的に勉強しました。
課題のアイデアも分かりやすくて良いものにまとまりました。
5年生のM君は課題のアイデアをまとめた後一気に作り上げました。
横でS君の作っている画像効果を見てそれを取り入れて作品に加えるという
柔軟性も発揮して面白い作品が完成しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする