グリットプログラミング2018(基本コースA)授業レポート~第4回~

■授業内容
第四回目ではいよいよ最初からオリジナルのアニメ作成にとりかかります。
作り方は、前回行ったアイデア(絵コンテ)→スクリプト計画→プログラミング という3段方式で行います。
操る言語が思考に与える影響はとても大きいので、最初からスクラッチで考えるとストーリーが希薄になるからです。
また文字に書き留めておくことは記録だけでなく思考の整理にもなります。
自分だけのアニメ、アイデアが形となってパソコンの中を動き回る様子を早く見たいですね!!

■各クラスの様子
【月A①:春日野クラス】
S君は事前にオリジナルアニメの構想が頭の中にあったようで、
アイデアとスクリプト計画を手が止まることなく書き上げました!
作成に取り掛かり、イメージ通りでないところをやり直すことはありましたが、
順調に作り上げることができました。これは完成度の高い作品が期待できますね!

【火A①:春日野クラス】
前回作成したアイデアに基づいて作品を作成しました。
6年生のKさんは雪だるまと猫を移動させるスクリプトを作るにつれてだんだんとコツを掴んだようでした。
最後の場面では可愛らしい演出を加えてきれいな出来ばえになりました。
5年生のO君とKさんはたまたま似たようなアイデアになりました。
それぞれの考え方でスクリプトを作りましたが、細かい位置の調整で苦労していた様子でした。
どちらも面白い作品に仕上がりました。
次回はいよいよオリジナル作品に挑戦します。

【水A①:山本クラス】
Y君はオリジナルアニメで作りたいテーマがあり、アイデアはすぐにまとまりました。
絵コンテやスクリプト計画もきれいに細かく出来上がりました。
作成にも取り掛かり、最初の部分までできました。
動きが多くて作業量が多くなりそうな作品ですが、今のところ順調に進んでいます。

【木A①:矢野クラス】
4年生のA君、Dさんは、思いついたアイデアを形にするために、どういうスクリプトを組み合わせるか
について熱心に取り組みました。思い通りの動きになり、クラス内の上映会では笑いも起きました!
6年生のI君、T君は、狙った通りの場所に動かすために微調整&実行を繰り返しました。
こちらも納得のいく終わり方ができました。
みんな最後までやりきることができ、次のオリジナル作品への意欲もわいてきたようです!

【金A①:大町クラス】
今回は3人とも前回の続きを作りました。
それぞれの独自の発想で面白い作品ができました。
スクリプトの使い方にかなり慣れてきたようで、これまでに習った色々な種類のスクリプトを駆使して
小技のきいた演出になりました。
今回の出来栄えに3人とも満足の様子でした。
この調子で次回も頑張りましょう。

【土A①:古市クラス】
オリジナルアニメ作成でT君は某怪獣映画のリメイクを選択しました。
キャスティングに強いこだわりがあり慎重に選んだあとは、
有名なテーマソングを歌って録音しました。
独特の間とアクションがレトロな特撮映画のような緊張感を生み出しています。
テンポよく作成も進め、次回は一気にクライマックスをむかえそうです!!

■各クラスの作品
【月A①:春日野クラス】

【火A①:春日野クラス】

【水A①:山本クラス】

【木A①:矢野クラス】

【金A①:大町クラス】

【土A①:古市クラス】

トップページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする