グリットプログラミング2018(上級コースA)授業レポート~第7回~

■授業内容
第七回はゲームサンプルを完成までもっていきます。
巨大なカタマリになった複雑なスクリプトがいくつも出てきますが、
小さな形の繰り返しであるとか、数字が1ずつ変わってるだけ、とか
構造には特徴があるものです。
これはとても大事なことです。どんなに複雑に見えても、細かく分解すると
シンプルなルールに従っているものです。

■各クラスの様子
【月A②:三滝クラス】
Y君、T君のスクリプトを組み上げるスピードは、大人でも敵わないでしょう。
あらゆる場所に似たような部分を見つけ、コピーを駆使するからです。
このサンプルは、いくつも絵を重ねてコースの曲がりや縁石の流れを実現していますが、
作った直後は重なる順番がバラバラで表示がおかしくなりました。
それが返って重なりを理解する手助けになったようです!
次回は仕組みの解説を行い、オリジナルに向けてのアレンジを加えていきます。

トップページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする