グリットプログラミング2018(基本コースB)授業レポート~第7回~

■授業内容
第七回目は「変数と演算」を学習します。
どちらも前回の条件に続いてプログラムの肝になります。
「条件」が骨格ならば、「変数や演算」は血液や神経とでもいうべきでしょうか、
プログラムの中を駆け回り、条件にルールを与えプログラムの流れを変えていくからです。
前回の作品を使ってどんどんゲームらしくしていきます。
それは同時に、「何がしたいか」を自分で具体的に考えることを意味しています。

■各クラスの様子
【月B①:矢野東クラス】
W君、S君、O君ともに変数の練習として得点と制限時間、
敵に当たった数などを変数で作成しました。
変数を組み込むことで、ルールが明確になり、
また、変数の値をきっかけにした新しいルールも作れることを
理解しました!

【火B②:祇園北クラス】
今回は2コマ連続での授業でした。
前半は弾の発射とアイテムを作りました。
アイテムはバリアの効果があり、見た目も変化するという高度なものに取り組みました。
Yさんから次々とアイデアが出てきて作品の内容が膨らんできました。

【金B①:東原クラス】
今回はまず変数の使い方を学び、時間経過による難易度変化と2種類目の障害物出現まで作りました。
新たに学んだことをオリジナルの発想に結び付けています。
次回もこの調子で進めましょう。

【土B②:山本クラス】
S君は弾の実装に続き、敵の種類をどんどん増やしていきました。
敵の出現タイミングをずらして見た目を良くしました。
M君は敵の弾の出現パターンを色々試しました。
当たり判定にも工夫を入れて、ますます本格的な内容になりました。

■各クラスの作品
【月B①:矢野東クラス】
第8回で掲載します。

【火B②:祇園北クラス】

【金B①:東原クラス】

【土B②:山本クラス】

トップページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする