グリットプログラミング2018(基本コースB)授業レポート~第8回~

■授業内容
 第八回目は「プログラミング的思考」を学習します。
 プログラミング的思考とは「与えられた制約の中で持てる知識を総動員して要件を満たす」
 考え方のことで、問題解決能力とも言えます。
 今まで取り組んできた課題は、すべてプログラミング的思考に基づいているのですが、
  改めて考え方そのものにフォーカスすることで、プログラミング以外にも応用できるようになります。

■各クラスの様子
【月B①:矢野東クラス】
 矢野地区は木Aと合同で夏休みの間に実施しました。
 みなさん大変な中元気な顔を見せてくれて安心しました!
 O君は夏休み前から参加してくれました。集中講座で1日に4回連続6時間受講して追いつきました。
 W君はプログラミング的思考でやった全方向への弾発射を取り入れ、爽快なゲームとなりました。
 S君も敵をいったんやり過ごして後ろから狙う、オリジナルなゲームとなりました!

【火B②:祇園北クラス】
今回は2コマ連続での授業でした。
後半はボスキャラを作りました。
ボスが出たり消えたりする演出を組み込みました。
全体としてとてもバランスの良い作品に仕上がりました。

【金B①:東原クラス】
今回は2人ともボスキャラを作りました。
R君は出たり消えたりするボスで、自分で描いた画像を攻撃として出してきます。
K君は魔法使いの主人公に対してボスも魔法使いとなり、ストーリー的にも分かりやすい作品に仕上がりました。
2人とも1学期に学んだ内容を活かした作品になりました。

■各クラスの作品

【月B①:矢野東クラス】

【火B②:祇園北クラス】

【金B①:東原クラス】

トップページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする