グリットプログラミング2018(基本コースB)授業レポート~第9回~

■授業内容
第九回はオリジナルのゲーム作成に向けて計画を練る回となります。
ゲームのルールや登場キャラクターを決め、キャラクターごとの動きや
動作の条件を決めていきます。
プログラムの中にはすぐエラーを起こす質の悪いものがありますが、
そのほとんどは計画がずさんなために起こります。
文字で書きだしたり、仲間と共有して意見を出し合うことで考えが足りないところがハッキリするわけです。

■各クラスの様子
【月B①:矢野東クラス】
S君は格闘ゲームを採用し、必殺技のアイデアを考えました。
相手もたくさん登場したり回復アイテムも登場するようです。
W君は前回マスターした全方向発射を応用したシューティングです。
後半にボスが登場する展開を考え付きました
O君は魔法使いが登場しますが、悪い方が主人公なのだそうです。
独特の世界観で計画を練っていきました!

【火B②:祇園北クラス】
Yさんはテーマ決めで悩みましたがホラー要素を入れたおにごっこアクションゲームという方針になりました。
主人公のイラストの方針やゲームの仕組みなどいろいろ話し合いながら決めました。
この教室を通してアイデアの出し方のコツをつかみつつあるYさんのゲーム作りに期待しています!

【金B①:東原クラス】
このクラスもテーマ決めで悩みましたが2人で協力してカードゲームを作ることにしました。
今日はアイデアのまとめに徹しでゲームの要素を話し合いました。
カードゲームというジャンルは仕組みを考えるのが大変でハードルが高い課題ですが
次回以降、できるところまで頑張りましょう!

【土B②:山本クラス】
M君は得意としているシューティングゲームの新たな作品を作ることにしました。
早くも見た目にも本格的なものが出来てきています。
次回更に要素を加えてどんどん面白くなっていくと期待しています。
S君は対戦格闘ゲームを作ることにしました。
次回以降いろいろな部品を作ることになりますが、粘り強く頑張りましょう!

トップページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする