グリットプログラミング2018(基本コースA)授業レポート~第10回~

■授業内容
第十回は前回の計画に沿ってゲーム作成進めます。
当初の計画から方向転換することも多いですが、
実際に作り始めてアイデアが湧くこともありますので大いに結構です!
ただし、時間は有限なので作業に優先度をつけることを学びます。
先生に聞かないと分からない所や、それがないとゲームが成立しない所から
手を付けるようにしましょう

■各クラスの様子
【月A①:春日野クラス】
S君は計画に従って見た目や得点、効果の異なるたくさんの種類の魚たちを
作っていきました。時間に余裕があるので、見た目を派手なものに変えましたが、
最初のころと違って、思ったことを遠慮なく表現できるように感じました!

【火A①:春日野クラス】
5年生のO君はテニスゲームが一応完成しました。
ボールの跳ね返り方もうまく作ることができました。
5年生のKさんもおにごっこのゲームが一応完成しました。
2人とも次回は更に要素を足してより面白くしていきましょう。
6年生のKさんは買い物ゲームという独自のゲームを作っています。
ボリュームの大きいゲームなので次回できるところまで頑張りましょう。

【水A①:山本クラス】
N君が画像と技を用意してくれましたので、それをもとに動きと攻撃のプログラムをまとめていきました。
動きと攻撃を別のプログラムに分けることでそれぞれの処理を分かりやすくすることができるという
プログラミングのコツを2人とも習得することができました。
本格的な作品が期待できます。

【木A①:矢野クラス】
Dさんは敵が自分の後を少し遅れてついてくるようにしたり、
星の見た目を条件にして効果が変わるようにしたり、高度な処理をうまく取り入れました!
A君はタテ向きヨコ向きが面で変わるのを、複製を使ってコピーし、XとYを入れ替えて
素早く何面も作りこむことができました!
I君は画面数がたくさんで次々と背景が切り替わるようにメッセージを使いこなすことが
できました
T君はスタート時にアニメを取り入れました。不気味な屋敷の中で銃を撃つのですが、
そうなったいきさつを知ることができます!

【金A①:大町クラス】
6年生のF君は電車ゲームを作っています。
途中の踏切や背景、スピードの出し方を作りました。
6年生のM君はシューティングゲームを作っています。
アイテムを複数作ってパワーアップが見た目にも分かる内容になりました。
ボスの出現も作りこんでいます。
4年生のM君はマリオ風のゲームを作っています。
各ステージの切り替えを作って、どんどんゲームらしくなってきました。

【土A①:古市クラス】
T君は某アニメキャラを使い、素早くメインの部分を作りこみました。
クリアまでの時間や敵を倒した数などの変数を調整し、
やりごたえのある難易度に設定することができました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする