グリットプログラミング2018(基本コースB)授業レポート~第11回~

■授業内容
第11回はゲームの最後の調整と発表になります。
その時ハマッていたゲームの真似だったり、誰かのアイデアを拝借したり、
時間の制約があり途中となったり、ふといい案が浮かんで組み込んだり。
何かを創造する過程ではいろいろなことから影響を受けます。
最後に周りの人に説明して自分の作品であることを宣言する、
良し悪しでも出来不出来でもない、納得解の形を体験することになります。

■各クラスの様子
【月B①:矢野東クラス】
S君の格闘ゲームは交互に攻撃し、タイミングよく回復アイテムを使いながら、
必殺技の使いどころも考えないと最後の敵までに力が尽きるような緻密な作りとなりました!
W君のドラゴンの弟子とドラゴンを倒す、全方位発射が可能なシューティングも、
エンディングとゲームオーバーに切り替わるところまで作れました!
O君の魔法使いワールドも、主人公が上下の移動のみという制約が
ゲーム性を高めています。ボスの部分が時間が足りなかったのでどこかで完成させたいですね!

【火B②:祇園北クラス】
今回はおにごっこゲームを完成させました。
敵の種類を増やしたり、攻撃のアクションを加えたりして
ゲーム性を更に高めました。
出来上がりはとてもかわいい作品になりました。

【金B①:東原クラス】
R君は敵をよけるゲームに要素を足しました。
敵の種類を増やし、成功すると難易度が上がる工夫をいれました。
ゲームオーバーになっても体力が回復しすぐに続けることができるアイデアは面白いと思いました。
K君は試行錯誤した結果、ドラゴンが炎で攻撃するゲームが完成しました。
敵が小さくて見つけにくのが工夫で、これで難易度を上げています。
当初の予定から変更になりましたが、面白いゲームができました。

【土B②:山本クラス】
M君は卓球のゲームを完成させました。
そして、シューティングと卓球のアイデアを組み合わせて対戦型の新たなゲームも作りました。
発想の組み合わせ方としてとても面白く、新たな境地に踏み込めたと思います。
S君は格闘ゲームを完成させました。
自分が思い描いたものが実体化するのを見て
これを自信として感じてほしいです。
次回からの電子工作も頑張りましょう。

■各クラスの作品
【月B①:矢野東クラス】

【火B②:祇園北クラス】

【金B①:東原クラス】

【土B②:山本クラス】

トップページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする